井口拡大.jpg

​蕎麦×ラー油+肉=幸せ

 今、「麺類」は全世界の食文化の柱になりつつあります。特に日本人にとっては、古来より馴染みのある食べ物で老若男女問わず広く愛されてきました。 
うどん、そばに始まり、海外のラーメン、パスタ等、数えればきりがありません。そのどれもが、昔ながらの味を守りつつ、また独自のアレンジにより、日々変化しています。

それに伴いお客様のニーズも「より新鮮で美味しいもの」を求めるようになってきています。新しくて斬新なアイデアだけではありません、その根底には「素直に美味しい」ということが大前提で求められています。

 当店の「肉そば」は皆様を唸らせる一品に仕上がりました。学生の頃よりアルバイトで様々な飲食店で働いてきました、その影響で社会にでてからも飲食関係の店舗を渡り歩いてきました。いつしか「一杯のかけそば」ではないですが、食べ物で人感動させる事ができないか?というのが私の夢=目標になりました。10年前に脱サラし、それまでの貯金をもとに、この5年は全国の有名店(麺類中心)を食べ歩き独自の感覚と調理法を研究してきました。

正直、幾多の困難にぶつかり、迷走していた時期も多々ありましたが、信念と情熱だけは1ミリもぶれる事はありませんでした。8年程前になりますが、食べるラー油が流行り、私も沖縄まで研究しに行きました。刺激的でパンチの効いたこの食材を使い新しい麺類を作れないものかと、思考錯誤を繰り返しました。6年半ほど前に関東で私の考えていたラー油のつけ麺店がオープンしたと聞き、驚愕し直ぐに食べに行きました。ほぼ私の考えていたものに近く、また味も満足いくものでした。ショックもありましたが、思いもつかない新しいアイデアの発見もあり、勉強になりました。それから、焦る気持ちを抑えながら研究に研究を重ね、今回やっとの思いで皆様に当店特製の「肉そば」をご提供する運びとなりました。究極の一品です。ご堪能下さい。
 

​令和3年8月吉日

​蕎麦とラー油で幸なった。

​井口 幸祐

代表